ケアマネジャー・常勤ヘルパー、介護スタッフの就業規則の作成・見直しなら熱田労務管理事務所。

新着情報RSS

2017.01.04

65歳以上労働者の雇用保険加入について

平成29年1月1日から65歳以上で一定の条件を満たす労働者は雇用保険への加入が必要になります(但し、平成31年3月までは雇用保険料が免除されます)。
現在、65歳以上で週20時間以上働いていて31日以上雇用している労働者がいないか確認をし、該当者がいる場合は1月以降雇用保険加入の手続きを忘れないよう注意してください。

加入要件と手続き方法につきましては下記の通りとなります。

【加入要件】
(1)1週間の所定労働時間が20時間以上
(2)31日以上の雇用見込みがある

【手続き方法】
●高年齢継続被保険者(65歳前から雇用保険に加入し、65歳以降も1週間の所定労働時間が20時間以上あり、雇用保険加入の対象となっている者)を1月1日以降も継続して雇用している場合は、自動的に被保険者区分が変更されるので、手続き不要。
●平成28年12月末までに65歳以上の者を雇用し1月1日以降も継続して雇用している場合は、ハローワークに「雇用保険被保険者資格取得届」を提出(この場合は平成29年年3月31日までに提出すれば良い)。
●1月1日以降に適用対象となる65歳以上の者を新たに雇用した場合もハローワークに「雇用保険被保険者資格取得届」を提出(この場合は雇用した日の翌月10日までに提出が必要)。

2016.11.04

従業員ハンドブックの利用についての事例を更新しました

いつも介護事業就業規則相談センターをご愛顧頂きありがとうございます。

残業代のトラブル、処遇改善加算申請、マイナンバー制度、離職率ダウン、スタッフとのトラブルを避け、充実したサービスを提供。,就業規則の見直しで従業員が安心して働ける職場環境を。ケアマネジャー・常勤ヘルパー、介護スタッフの就業規則なら、介護事業就業規則相談センターへ。

本日は、従業員ハンドブックの利用に関する事例を更新いたしました。

従業員に利用してもらいたい制度や制度の利用方法等、重要な部分を抜粋して記載した「従業員ハンドブック」を作成し、常に携帯してもらうことで様々な制度の利用率が上がり、従業員に喜んでもらうことができた。

事例紹介ページ


担当:熱田
連絡先:03-5629-5470
問い合わせフォーム

2016.10.21

慶弔見舞金の支給額についての事例を更新しました

いつも介護事業就業規則相談センターをご愛顧頂きありがとうございます。

残業代のトラブル、処遇改善加算申請、マイナンバー制度、離職率ダウン、スタッフとのトラブルを避け、充実したサービスを提供。,就業規則の見直しで従業員が安心して働ける職場環境を。ケアマネジャー・常勤ヘルパー、介護スタッフの就業規則なら、介護事業就業規則相談センターへ。

本日は、慶弔見舞金の支給額に関する事例を更新しました。


慶弔見舞金の支給額をその都度決めていたため従業員ごとに異なっていた金額が、
基準表に基づいて支払う事で、不公平がなくなり、従業員の不満も解消することができました。


事例紹介ページ

担当:熱田
連絡先:03-5629-5470
問い合わせフォーム

2016.09.21

残業時間の規制強化について

残業について
労働時間について労働基準法第32条には「1日8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけない」と定められています。しかし労働基準法第36条に基づき労使が時間外労働協定(36協定)を結んで労働基準監督署に届け出れば、法定時間を超えて労働させることができます。但し、36協定を結んでいても告示によって1ヵ月45時間の上限が定められています。しかし、これには例外規定があり、「特別の事情」について労使で特別条項付き36協定を締結すればこの上限を超えることが可能になっています。

残業規制について
政府は、労働者に事実上無制限の残業を課すことができる現在の36協定の運用を見直し、1か月の残業時間に上限を設定する検討に入ったそうです。
検討内容によると上限を新たに設け、その上限を超える残業は原則禁止になるようです(「特別の事情」がある場合に認められている上限を超える残業も災害などの緊急時以外は原則として認めないとのこと)。
今後、残業については厳しい指導も予想されるため、今のうちから働き方の見直しや残業時間の厳格な管理等に着手しておくことが大切です。


労働時間の見直しや残業時間の削減等について相談したい場合は当センターまでぜひご相談ください。

担当:熱田
連絡先:03-5629-5470
問い合わせフォーム

残業代のトラブル、処遇改善加算申請、マイナンバー制度、離職率ダウン、スタッフとのトラブルを避け、充実したサービスを提供。,就業規則の見直しで従業員が安心して働ける職場環境を。ケアマネジャー・常勤ヘルパー、介護スタッフの就業規則なら、介護事業就業規則相談センターへ。

前のページへ

次のページへ